[アカデミヨシズミ] 食べ過ぎた!正月胃もたれマル秘解消術

2014年1月 6日 カテゴリ: 胃関連

お正月ということで、食べ過ぎて胃もたれになっている人も多いのではないでしょうか。
胃の動きがいつもと違うな、と思っている人も多いかと思います。

そんな胃もたれについて詳しく紹介します。

胃もたれとは?

暴飲暴食によって胃の動きが悪くなってしまいます。そうすると、いつまで経っても食べたものが十二指腸へ行かないということでお腹が張って胃もたれというものが出てきます。

つまり、消化が上手くいかず、食物が溶かされないで次に進んでいかないことを胃もたれと言います。

もう一つの胃もたれ

もう一つ、逆に胃が働き過ぎてしまっても胃もたれが起こってしまうことがあります。
胃酸が腸に流れてしまう事によって、脳が勘違いをして胃の働きをストップさせてしまって起こる胃もたれです。

どうして胃酸が出すぎてしまうのか

食事が一番影響があります。タンパク質や脂肪というのは炭水化物と比べて消化吸収にかかる時間がだいぶ長くなっています。
普段から脂肪分、タンパク質の多い食生活をしていると、慢性的に胃酸の分泌が多くなります。
それによって、普通に食事を食べても胃酸過多の状態が続いてしまうというわけです。

炭水化物は消化にかかる時間は約2時間ですが、脂肪は4時間から6時間程かかるとされています。

胃もたれにあった薬を飲まなければいけない

自分の胃もたれに合った薬を飲まないと、逆に胃もたれが悪くなってしまうことがあります。
胃酸が出すぎてしまうタイプの胃もたれの薬か、それとも最初に説明したタイプの胃もたれかで、飲む薬を変えなければなりません。

どうやって見分ければいいのか

胃もたれと共に胸やけがあるかどうかというのが一つの目安となります。
胃もたれと胸やけがある場合は、胃酸がたくさん出過ぎてしまっているタイプの胃もたれと言えます。
胃酸が出すぎるタイプの人は、食道に胃酸が逆流してしまい、胸やけを同時に引き起こします。
また、空腹時に胃痛を感じる場合も胃酸が出すぎる胃もたれのタイプの可能性が高いです。

胸やけを伴うもの → 胃酸が出過ぎ
胸やけを伴わない → 胃の働きが鈍い

胃薬の見分け方

胃の働きが鈍い場合の胃薬は、箱の裏面に「ジアスターゼ」「リパーゼ」と表記されているとものを選びましょう。この二つは消化を助ける酵素ですので、胃の動きを良くする薬と言えます。

胃酸が出すぎる場合の胃薬は、「○○ブロッカー」などと記載されているものを選びましょう。これは遺産の分泌を促すホルモンをブロックする働きがあります。

両方の薬は、記載されている使用上の注意をよく読んで正しくお使いください

胃カメラを使わない新しい検査法

3D消化管エコーと呼ばれる超音波での診断が最近では可能になってきています。
超音波を使って胃の内部を立体的に診断できる画期的な検査法です。
超音波で読み取った、縦、横、奥行きの情報から胃の内部を3Dで再現することが可能です。
3割負担の保険適用で1600円で行えます

胃もたれの予防解消に役立つ身近なもの

それは炭酸水です
炭酸水の中にナトリウムという塩分の元があります。それが弱アルカリ性で、胃酸を中和するという効果があります。
なので、胃酸が多い場合は食後にコップ半分の炭酸水を飲むと胃酸の中和作用があって胃もたれを防いでくれますし、解消してくれます。

逆に胃が弱っている場合は、今から食事、というタイミングで炭酸水をコップ半分くらい飲むことで炭酸の刺激で胃の蠕動運動(収縮)が良くなって消化も早くなりますし、良くなります。
炭酸水の二酸化炭素が胃の粘膜から吸収されると酸素の供給が活発になり、胃の血流がアップします。その結果、蠕動運動が活性化します。

【番組の感想】

私は幸い胃もたれに悩まされることが少ないので良かったな、と思いながら見ていました。
もし、胃もたれに襲われた場合は、自分のタイプを見極めて正しい薬を飲んでみようと思いました。
また、3D消化管エコーですが、私も胃カメラを飲むのは抵抗があるので胃の不調があったら、こちらができないか聞いてみることにします。

2014年1月6日放送「モーニングバード!」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。