[世界一受けたい授業] 世界一受けたい健康SP ランキング編

2013年6月 8日 カテゴリ: 食事

今回の放送は2時間スペシャルということで、1本の放送を複数に分けてご紹介したいと思います。
まずは、冒頭部分で紹介されたランキングに関してです。

【市販されているヘルシーな油ランキング】
このランキングは、悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを増やす、αリノレン酸が多く含まれている油のランキングです。

3位 大豆油 6.4%
2位 菜種油 7.7%
1位 えごま油 61.5%

なんと、αリノレン酸が一番含まれている油はエゴマ油ということが分かりました。
2位の菜種油に較べて約8倍も多いのです。
えごま油は、シソ科のエゴマです。これを絞って油にしたものが、エゴマ油です。
福島県では、エゴマを食べると10年長生きできるという意味から、「じゅうねん」とも呼ばれているそうです。番組で紹介された福島のエゴマの画像には「じゅうねん」という商品名の下に「別名えごま」と記載されていました。

αリノレン酸のその他の効果は?

αリノレン酸は、コレステロールの値を改善するだけではなく、高血圧が原因の脳卒中になる危険度を約20%も減らす効果があることがお茶の水女子大学の研究で分かっています。


【便秘対策!お通じ力ランキング】 こちらはお通じに良い野菜、果物のランキングです。 食物繊維の多いランキングとなります。

3位 ブロッコリー 3.7グラム
2位 アボカド 5.3グラム
1位 ゴボウ 6.1グラム

3位のブロッコリーは普段食べる場所よりも、茎に多く食物繊維が多く含まれています
ですので、薄切りにするなどして捨てずに食べるとよりよい効果を得られます。
2位のアボカドは、食物繊維の量が果物の中で1番多く、胃腸の調子を整えてくれるオレイン酸も豊富に含まれています。
1位のゴボウは、食物繊維が皮の近くに豊富に含まれているため、皮をよく洗った後に、あまり深く皮を向かないようにして食べると、より良く食物繊維を摂取することができます。

食物繊維の基礎知識

食物繊維は、働きを大きく2つに分けることができます。
1つ目は便の周りにまとわりつくことで、便の量を増やしてスムーズの排便を促す作用。
そして2つ目が朝の中の善玉菌のエサとなって、腸の中の環境を整えてくれる働きです。
2位のアボカドは、この2つの面において優れた食品です

1位のゴボウのお通じ力を検証

3日に1回の便だったグラビアアイドルの丸高愛実さんが実際のゴボウを食べ、検証したようです。
その検証方法は以下のとおりです。
最初の2日間はゴボウを1食あたり100グラム摂取。サラダなどにして食べていました。
2日間では何も変化がなかったとのことです。
そして、3日目からゴボウに加えてアボカドも食べるようにしました。すると急に便意が。
しっかりとした便が出たそうです。
更に、胃が膨れ、腸の動きを活発にすると言われる炭酸水を5日目からプラスしたそうですが、既にゴボウとアボカドでかなりの効果があったとのことでした。

セロリの筋は食物繊維ではないの?

違います。
食物繊維は、顕微鏡で見て初めて目に見えます。ですので、セロリの筋は食物繊維ではないのです。



【二日酔いになりにくいおつまみランキング】
ちょっとお酒を飲み過ぎても飲みながら一緒に食べることで二日酔いになりにくい食べ物のランキングのはずが、1つだけ効果が顕著だったという理由で1位しか発表されませんでした。

1位 トマト

トマトの栄養素は熱や加工に強いので、ジュースにしても炒めてもそのまま栄養を摂れます。

トマトにどれくらいの効果があるのか?

これを検証したのが、俳優で双子の斉藤祥太慶太兄弟。2人ともお酒はあまり強くないそうです。
実験方法は、兄の祥太さんにトマトと日本酒200mlを飲ませ、弟の慶太さんには、日本酒200mlだけを飲んでもらうというもの。
そして、時間が経つにつれて体の中にどれだけアルコールが残っているかを計測します。
自分たちのペースでお酒を飲んでもらい、10分でトマトを食べていない慶太さんの顔が紅潮してきました。
実際にどれくらいアルコールが入っているかを検査したところ、トマトを食べていない慶太さんよりも、トマトを食べながらお酒を飲んだ祥太さんの方がアルコール濃度が低いことが分かりました。
この差は食事後1時間の時点から既に差があり、4時間後には完全に分解されていました。

お酒をちゃんぽんすると酔いやすい?

そんなことはありません
1つのお酒と別の種類のお酒を一緒に飲んだからといって、3倍4倍とアルコール濃度が増えることは証明されていません。
風味の変わったお酒を飲むことで、ついつい沢山お酒を飲んでしまうのです。ですので、トータルのアルコール量が増えてしまうため、酔いやすいといわれています。



【ガン予防に効果的な野菜は?】

にんにく

にんにくの独特なニオイ成分の中に含まれるDATS(ダッツ)は、最新の研究でガン細胞の増殖を抑えることが分かっています。
マウスのがん細胞にDATSを注入し、1か月後にがん細胞が死滅している画像が紹介されました。
----------------------------------------------------
2013年6月8日放送 「世界一受けたい授業」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。