[健康カプセル] 感染ルートを回避せよ!インフルエンザウイルスの恐怖

2013年12月 1日 カテゴリ: インフルエンザ

1シーズンでインフルエンザにかかる日本人は1000万人と言われています。
そのうち1万人が命を落としてしまうインフルエンザの感染ルートや身を守る方法をご紹介します。

インフルエンザの流行は12月から

インフルエンザの流行は12月から始まり、急激に患者数を増やし1月から3月にかけてをピークに落ち着いていきます。

インフルエンザの3大症状

  1. 高熱(38度以上)
  2. 寒気
  3. 咽頭痛・関節痛・筋肉痛

風邪と似ている部分もありますが、特に38度以上の高熱が急に出た場合はインフルエンザを疑います。
このインフルエンザを予防するたまえに正しい知識が大切です。

インフルエンザはどのようにしてうつるのか

大きく分けて二つの感染経路があります。

飛沫感染

感染者の咳やくしゃみから飛び出したしぶきを直接吸い込んで感染する事です。

咳の飛沫は約1メートルから2メートル程飛び、1回約10万個のウイルスが放出されます。
くしゃみからは1メートルほど飛び、1回約200万個のウイルスが放出されます。

接触感染

手を介して感染する事です。ウイルスがついた手で何かに触れ、そこから広がる感染のことです。
ウイルスの感染力持続時間は紙や布の場合は8時間から12時間程度、金属やプラスチックは24時間から48時間と言われています。

飛沫感染の予防法

咳の出ている人がマスクをして飛沫を外に出さない事です。
マスクを正しくして咳をすると、飛沫の感染は殆どありません。

正しいマスクの付け方は?

鼻の上の隙間をなくし顎までしっかりとカバーすることが大切です。正しくマスクをつけて、飛沫感染を予防しましょう。

接触感染の予防法

こまめに手を洗うという事が、対策としては重要になります。
軽くではなく念入りに手洗いをする必要があります。

洗い残しのないように洗う

指先や指の間などが手洗いをし損ないやすい部分になります。その部分に注意してしっかりと手洗いをしましょう。

また、オフィスで共有するものや、家庭内では電気のスイッチやドアノブなどといった誰もが触れる場所には注意が必要です。
濡れたタオルやアルコールで拭き取ることも効果的です。

免疫力が低下すると感染しやすい

インフルエンザウイルスが入り込んでくると、免疫力との戦いになります。
ストレスや睡眠不足、体が冷えることでも免疫力は低下しますので、これからの時期は特に注意が必要になります。

家族がインフルエンザに感染したら

インフルエンザワクチンは効き目が遅い

家族にインフルエンザ患者が出てからワクチンを打ちに行っても、インフルエンザワクチンは高価が出るまでに2週間以上かかると言われています。
ですので、誰かが感染してからワクチンを摂取しても意味がありません。

お風呂に入れる

身体を清潔に保つことは家族への感染予防に繋がりますので、湯船に浸かることは問題ありません。
ただし、長時間の入浴や湯冷めには注意が必要です。

無理矢理汗をかかせてはいけない

ウイルスと戦うために熱が出ているので、汗をかいてもあまり熱は下がりません。
しかも、布団を多くかけるなど無理に体温を上げると脳や身体に負荷がかかるので危険です。
インフルエンザ患者が快適に過ごせる温度が最も良いのです。

また、脱水も回復を遅らせるので、こまめな水分摂取も忘れずに!

患者の服を一緒に洗う事に問題はありません

洗濯機で洗うことはウイルス自体の感染力を弱める効果があります。
しかし、インフルエンザ患者の服にはウイルスが付着していますので、触った後は手洗いが必要です。

【番組の感想】

インフルエンザの感染経路は知っていましたが、電気のスイッチなどが24時間から48時間も感染威力時間があるとは思いませんでした。
これからの時期、インフルエンザが流行してくる時期ですので、しっかりと手洗いを行って、もし自分が感染してしまった時は周りに移さないように注意して生活したいと思いました。

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。