[みんなの家庭の医学] よくある不調 肩こり編

2013年12月17日 カテゴリ: 心臓関連

肩が張って動かしづらい、肩だけでなく首や背中にまで凝りが広がる。
多くの方が訴えている国民的なよくある不調肩こり。
そんな肩こりの中にも名医が警告する危険な病のサインがあるのです。

左肩だけに出る肩こり

左の肩だけに現れる病いの正体とは・・・?

急性心筋梗塞

心筋梗塞とは、何らかの原因で心臓の冠動脈が血栓等で塞がれ、心筋が壊死する病のことです。
そのまま放置すると心臓のポンプ機能が失われ、最悪の場合死に至る病です。

心筋梗塞の主な原因

脂っこく塩分の多い食事や喫煙等、生活習慣の乱れとされています。

何故心筋梗塞で左肩のこりが現れるの?

これは放散痛と呼ばれる減少です。
放散痛とは、実際に痛んでいる場所と痛いと感じる場所が違う現象のこと。

心筋梗塞は冠動脈が詰まり心筋が壊死するので、痛むのは心臓です。すると、心筋から痛みの伝達物質が分泌されます。
その物質は自律神経を通じて、脊椎の中の神経を経由し脳に信号を伝えます。
しかし、その心臓からの神経が肩の神経と合流しているため肩こりなどが現れます。

心筋梗塞で出る肩こり

漠然とした不快感や、重い物が乗っている感じがする肩こりが出るそうです。
肩の痛みが強くなり、30分以上続く場合は急性心筋梗塞の可能性があります

肩こりが出てから3時間から4時間後、あるいは1日程度で激しい胸の痛みが現れます。

急性心筋梗塞の更なるサイン

食前・食後に関係なく出る胃の違和感です。肩こりに比べると頻度は少ないが、放散痛の一種です。
胃炎や胃潰瘍と勘違いすることがあり、胃カメラを行っても異常が出ません。
胃のあたりにモヤモヤした違和感やむかつき、吐き気を伴う、食前食後に関係なく現れるのが特徴です。

また、温度差のある場所に移動して胃の違和感が現れたら注意が必要です。

【番組の感想】

私は比較的左肩だけに肩こりが起きることが多いので、少し心配です。
長時間続くわけではなくすぐに収まってしまうことや定期的に起きているので関係ないと思ってしまっていました。
上記のようなサインが現れたらすぐに受診するように心がけようと思いました。

2013年12月17日「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。