[主治医が見つかる診療所] 体の"ゆがみ"リセット法

2013年8月 5日 カテゴリ: 健康

現代人のほとんどが身体が歪んでいます。この体のゆがみは健康に悪影響を及ぼします。
腰痛、肩こり、頭痛、めまい、冷え性、胃もたれ、手足のしびれなど、様々な体調不良が起こります。
しかし、体のゆがみをリセットすることで、体調不良を治したり、代謝アップによるダイエットや、何歳になっても歩けるようになるそうです。今回は身体のゆがみリセット法をご紹介します

体のゆがみの原因は?

多くの場合、骨ではなく筋肉のバランスが悪いと、身体がどちらか一方に偏ります。
また、使いやすい方向に傾きやすい傾向にありますので、身体が歪んでしまいます。

ゆがみに影響をあたえる筋肉は?

それはインナーマッスルです。
インナーマッスルは体の奥にあり、意識して使われないのがインナーマッスルです。
このインナーマッスルが姿勢を保つために重要な筋肉になります。
逆にインナーマッスルを鍛えることで、ゆがみを正すことができます

何故筋肉のバランスが悪くなると体がゆがむの?

骨や関節などを良い位置に持っていくのが、インナーマッスルだからです。
それを意識することで初めて効いてくるそうです。

体のゆがみチェック法

体幹を固定して股関節を動かし足を上げるという行為でゆがみを診ることができます。
壁や柱に頭、肩、背中、おしり、かかとを全て壁にくっつけた状態で足を上げるだけ
右足が上がりづらければ、左側腹部のインナーマッスルが弱っている証拠。
左足が上がりづらければ、右側腹部のインナーマッスルが弱っている証拠です。

体のゆがみリセット法その1

普段の姿勢を良くするだけで、体のゆがみをリセットすることができます。

【パソコン・読書】
骨盤を縦(床に垂直)にして、お腹を引っ込め、背筋を伸ばし15秒以上キープするだけ。顎は引きましょう。

【掃除機かけ】
中腰姿勢を継続して手だけで掃除機をかけるのではなく、骨盤を垂直にし、右足を後ろに、左足を少し曲げて腰と一緒に掃除機を前後に動かして掃除機をかけます。
左右それぞれ10回以上行うと良いでしょう。

【物を拾う時】
腰を曲げて物を拾うのではなく、骨盤を垂直にした状態で、出来るだけものに近づいて、膝を曲げて身体を垂直に下ろして物を拾い上げます。
これも1日10回ほど行うと良いでしょう。

これらは、骨盤トレーニングになりますので、女性の産前、産後、性生活、尿漏れ予防につながりますので、女性には嬉しい効果もあるんだとか。

体のゆがみリセット法その2

それはラジオ体操です。 ラジオ体操は度の動きも左右体操ですので、インナーマッスルが鍛えられる、究極のゆがみリセット運動なのです。代謝アップで痩せる効果もあるんだとか。 しかし、正しい方法でラジオ体操をやらないと効果がありません。今回ゲストとして登場した中村医師の「大人のラジオ体操」に正しい方法が掲載されているとのこと。今回、少しだけ正しいラジオ体操の方法が紹介されましたが、全てではないので、もしこの方法を行う場合は解説DVD付きの本を購入することをおすすめします。

ノルディックウォーキングで体のゆがみを治す

ノルディックウォーキングとは、ストックをつきながら行うウォーキング方法で、通常のウォーキングよりもエネルギー消費量が高い事で知られています。 このノルディックウォーキングはストックを使うことで骨盤の上の重心の位置を高くする事で周りのインナーマッスルが自然に伸びます。そこを動かすことによって自然にインナーマッスルを鍛えることが出来るのです。お年寄りにも有効な方法です。
名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。