[世界一受けたい授業] 人は短時間でどこまで変われるか?スペシャル O脚改善編

2013年6月29日 カテゴリ: 健康

日本人女性の約8割がO脚だと言われています。
O脚を放置してしまうと、見た目だけではなくあるけなくなったり、寝たきりになったりする可能性もあります。
そんなO脚を改善する10日でリセットできる3つのストレッチ方法が紹介されました。

O脚を改善できる3つのポイント

これらの3つのストレッチを10日間毎日行うことでO脚が改善されます。

【ぺたんこ座りストレッチ】

1.膝立ちの状態から、つま先を外に向けて開く
2.手を膝よりも下の骨に置く(スネをつかむなど)
3.手順2の手を由香方向に押しながら腰を曲げずにおしりを下げる
手順3の状態で10秒間キープします。これを朝晩5回ずつを目安に行います。

※O脚の度合いが高ければ高いほど手順3が困難になります。
  無理そうな場合は、おしりの下にタオルやまくらなどを置くなどして調節し、無理しないようにしましょう。

【寝転び足組みストレッチ】

1.仰向けに横になり、両膝を立てる
2.片方の足を越えるように足を組む
3.組んだ足をもう一方の足の下にくぐらせる
4.手順3の状態で両足を逆の方向に力を入れる(両足を内側に絞り込むようなイメージ)
5.手順4の状態を10秒間続けたら、足を逆にして10秒間行う

このストレッチでは、足を組んで上にある足を矯正しています。
内側と外側から同時に押されることによって、広がっている足を矯正しているそうです。

※体が硬くて足を組んだ後に更に足を絡める事ができない場合は、足を組んだ状態で、組んだ足が地面に着くように下半身を倒します。
地面に向かって力を入れることで、同じような効果が得られます。

【内もも締エクササイズ】

1.両膝の間にタオルを挟んで横向きに寝る
2.手順1の状態で両方の膝の皿をタオル側に押し付けるように力を入れる
3.手順2の状態で、下の足を持ち上げる

これは5秒間を5回から10回をスタート回数とします。
できるようになれば20回や30回行えるようになります。
この流れが終わったら、逆向きで再度行います。


O脚に悩んでいるというモデルの松井絵里奈さんが上記の改善ストレッチに挑戦したそうですが、結果は良好。
どれほど矯正されたかは公開されていませんでしたが、見た感じで膝と膝の間隔が半分以上縮まったように見えました。

O脚チェック

1.両足を肩幅くらいに開く
2.少しずつ両足を近づけていく
3.先に足のうちくるぶしが着くか、膝の方が先かを確認する
くるぶしが先に着いた場合、もしくは両膝がつかない場合はO脚です。

O脚であることのデメリット

足首を捻挫しやすくなったり、ひどい場合は、変形性ひざ関節症という膝の内側が磨り減って潰れてしまう病気になることもあります。

O脚は生まれつき?

生まれた時は全員がO脚です。5歳から6歳位までにX脚に変わります。
小学生くらいになり体重が増えるにしたがってO脚にまた変化していきます。

【番組の感想】

幸い私はO脚ではないので、このストレッチを確かめる事はできませんが、かなり手軽にできるストレッチばかりで、時間もそれほどかからないので、かなり良いのではないかと思いました。
実際に10日間だけでモデルの松井絵里奈さんが結果を出してしますので、誰でもできるのではないでしょうか。

2013年6月29日放送 「世界一受けたい授業」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。