[ガッテン] まさか!の新発見SP 二重あご

2013年6月26日 カテゴリ: 健康

ただの「あごのたるみ」と思ったら大間違い。放置すると命にも関わる「危険な二重あご」とは?
指1本で見分ける方法を大公開!
「まさかの新発見」という新シリーズの第1弾だそうです。

ちょっと太ってるから二重あごは当たり前、なんて思っていたらヤバそうですね。
今回はためしてガッテンで紹介された、危険な二重あごについてご紹介します。
睡眠時無呼吸症候群も少し紹介されましたが、今回は割愛させて頂きました。

危険な二重あごの原因

二重あごには舌骨という骨が関係していることが分かりました。
人類の祖先は言葉を話す能力を獲得した際に、舌骨の位置を下げました。
それによって、喉の奥の空間が広がって様々な音を出せるようになりました。
今回紹介された危険な二重あごはこの舌骨が原因となります。

舌骨は浮いている

舌骨は筋肉によって支えられています。

舌骨が気道にふたをする

正確には舌骨に連動して、気道を塞いでいるのですが、食べ物を食べると気道がふさがります。これがうまくいかないことで、誤嚥することになります。
つまり、舌骨を支える筋力が衰えることで、気道に蓋がされにくくなり、気道に食べ物や飲み物が入ってしまうため、誤嚥性肺炎に繋がるというわけです。

ゴックンテスト

1.喉仏の上部に人差し指を横に置き、つばをごっくんと飲み込んだ時に、喉仏が指を乗り越えていけば、しっかりと嚥下ができている証拠です。
2.30秒間で何回唾液を飲めるかを数えます。30秒間で2回位の場合は飲み込み障害があるかもしれません。加齢に伴って回数が減っていきます。

危険な二重あごを防ぐ舌骨トレーニング

その1 「.口開け体操」

口を大きく開いて10秒間キープします。これを5回繰り返す この流れを1日2セット行います。 ※顎に痛みのある方や、顎の関節に異常のある方は無理せずに医師の指示に従って下さい。

その2 「頭上げ体操」

仰向けになって頭を上げ、つま先を見ます。そのまま10秒間キープしましょう。 これを1日3セット行います。 頭を持ち上げるだけで、上体を起こさないようにしましょう。 ※持病のある方は医師に相談の上行って下さい。

口を大きく開けて話したり、歌をうたうことも効果的だそうです。

【番組の感想】

命に関わる!というタイトルでしたので、心配していたのですが、ゴックンチェックを行なったらしっかりと喉仏が人差し指を乗り越えていったので、少し安心しました。
まだ大丈夫と、気を緩めずに、気がついた時に舌骨トレーニングをやってみようと思いました。
簡単そうなので、ふと思い出して気軽に行えそうで良かったです。

2013年6月26日放送 「ためしてガッテン」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。