[家庭の医学] 痔が少ない県ランキング

2013年5月20日 カテゴリ: 病気

痔の要因は排便時のいきみなど、トイレの習慣が主であるとされています。
痔の推定患者数は3人に1人とされており、男女差はほとんどありません。
痔を放置することで、座ることが困難になることはもちろん、歩くことすら困難になることもあります。

痔が少ない県ランキング
1位 :静岡県
2位 :島根県
3位 :山梨県

痔が多い県ランキング
1位 :宮城県
2位 :鳥取県
3位 :滋賀県

番組では静岡県民100人にインタビューしたところ、痔だった人は11人。逆に、痔が日本一多いといわれる宮城県で100人にインタビューしたところ、痔だった人は32人。約3倍も違うという結果になりました。

熊本県高野病院 副院長 大腸肛門科 辻順行先生は、排便時間が短いことと、便の質が良ければ痔になりづらいと2つのポイントを教えてくれました。
トイレで長時間いきみ続けると、肛門周辺に圧力がかかりうっ血して痔が出来てしまいます。便器に座り続けているだけでも血行が悪くなって痔になりやすくなってしまうことから、肛門によくありません。
また、便の質が悪いと質の悪い便が肛門を通過うする時に、肛門を傷つけてしまうため、痔になりやすくなります。

良いトイレの過ごし方は?

排便時間をなるべく短くすること。
痔が多い県ワースト1の宮城県では、番組で流れた家庭のトイレには本棚に漫画が入っており、トイレが快適な空間となっていましたが、逆に痔が少ない県のナンバー1の静岡県の家庭のトイレはいたってシンプル。
排便行為の為にある空間と割り切り、排便が終わったら用済みとなることで、トイレでの過ごし方が肛門に良いのです。

質の良い便とは?

便の質を知るには、便のにおいを嗅げばOKです。
便の質が悪い場合は、悪玉菌が増加して臭いが強くなります。逆に質の良い便は臭いは強くなりません。
番組で宮城県の家庭のトイレ直後の臭いと、静岡県の家庭の排便直後のにおいを比較していましたが、圧倒的に静岡県民の排便後のトイレの臭いは臭くなっていませんでした。
調査をしていた高橋ジョージさんは、静岡のトイレで深呼吸していました。

質の良い便にするには?

番組で静岡の家庭のご飯を調査したところ、野菜を多く食べていることが分かりました。 中でもキャベツが圧倒的に多く、6人で食べるお好み焼きにキャベツ1玉半を使っていました。

便の質を良くするには、食物繊維を沢山摂ることが大切です。
上述したとおり、キャベツにも食物繊維が含まれており、沢山食べることで腸に食物繊維がたまり、結果的に排便を促すことになります。

日本人の平均的な食物繊維の摂取量は1日13.7グラムでしたが、番組で調査した家庭の1人の食物繊維の摂取量は26.5グラムでした。

痔を予防するためのまとめ

1.排便時間を短くする
2.便の質を良くする

1は、余計なものをトイレに持ち込んだりせず、排便を目的としてトイレに入ることで、何か余計なものを持ってトイレに入る時よりも短時間で排便することができます。これを心がけてトイレに向かって、肛門にやさしい排便をしましょう。
2は、食物繊維をたくさんとり、腸内に便を溜めないようにすることで、質の良い便にすることができます。

【番組の感想】

私は幸いにも痔になったことはありませんが、家族に痔で悩んでいる人がいます。話を聞くと、出血してしまう時は、かなり出血してしまうみたいなのでかなり辛いそうです。
痔ではない現在の状況から悪化しないように、便の質を良くすることを第一に考え、トイレに入る時はなるべく何も持たずにしないとけませんね。
現在我が家のトイレにはドラえもんの漫画がランダムにおいてあるので、近いうちになんとかしなければなりません。

2013年4月30日放送 「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。