レジオネラにご注意

2013年4月18日 カテゴリ: 病気

レジオネラ菌って聞いたことないですか?お風呂に入ると感染し、最悪の場合死んでしまう病気です。
1990年代では幼児が死亡したり、2000年代に入ってからも多くの人が入浴施設で感染して死亡しています。

ここまでの流れでお分かりの通り、レジオネラ菌はおふろに入ることで感染します。

レジオネラ菌に感染しやすい人

免疫力が低下している人、つまり幼児や高齢者が感染しやすくなっています。若い人でも不衛生に過ごしていたり、不摂生な生活を続けていることで免疫力が低下してレジオネラ菌に感染する可能性があります。


レジオネラ菌に感染している人は2013年4月上旬時点で全国で200人近くであることが国に報告されています。 中でも、死亡してしまう確率が5人に1人という肺炎型が多くを占めています。

レジオネラ菌に感染しないためには、健康的で規則正しい生活を送る必要があります。

こういった感染症は、海外が多いと思われがちですが、三重県や熊本県の温泉が感染源であることが報告されているので、日本国内から出ない人でも温泉に入ることでレジオネラ菌に感染してしまう恐れがあります。

ですので、常日頃から健康を意識して生活する必要があります。


レジオネラ菌 初期症状

レジオネラ菌に感染した際に出る初期症状は、高熱や咳、悪寒などです。中でも危険な肺炎型の場合はその後に呼吸困難などに陥り、死亡することもあります。

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。