[家庭の医学] 名医が警告今急増している病気ランキングSP 消化器編

2013年11月12日 カテゴリ: 病気

あなたは今どんな病気が流行っているか知っていますか?
病気で病院にお世話になっている人は1日あたり860万人と言われています。
その人達がどんな病気になっているかを番組が徹底調査!

続いては「消化器科」編です。

秋山純一先生が警告する病とは

国立国際医療センター消化器内科医長の秋山純一先生が警告したい病とは?

第3位 裂肛(切れ痔)

1万8000人の患者数がいると言われています。
下痢や便秘等で肛門が傷つくことで起こる病のことです。
ストレスや食生活の乱れが原因と考えられています。
また、レディースクリニックの増加にともなって患者数が増加しているそうです。

悪化すると痔ろうと呼ばれる肛門付近に穴が開く病気になってしまいます。

第2位 潰瘍性大腸炎

6万3000人いると言われています。
潰瘍性大腸炎とはm,大腸の壁に突如炎症が起こる原因不明の病のこと。
最悪の場合、治療顔追いつかず大腸を全摘出しなければならないこともあるそうです。
増加理由は不明とされていますが、早期発見できれば進行をコントロールすることが出来ますので、下痢が増えたり、便に血が混じる事が続く場合は早めに大腸の内視鏡検査を受ける必要があります。

第1位 逆流性食道炎

23万8000人いると言われています。
逆流性食道炎とは、胃と食道をつなぐ噴門と呼ばれる部分が緩み、胃酸が逆流してしまうことです。
これによって食道に炎症を引き起こし胸やけなどの症状が現れます。

逆流性食道炎の原因

暴飲暴食、肥満などが大きな悪化因子と言われています。
しかし、それ以外に病が関係していることがわかってきています。

便秘が逆流性食道炎と関係あった!

腹圧の上昇によって腸の位置が上昇し胃を圧迫します。
これによって胃酸が逆流して逆流性食道炎となってしまうのです。

便秘以外に注意すべきポイント

やってはいけない!逆流性食道炎を引き起こす危険な生活習慣。

  • 食べてすぐ横になる
  • 食べ過ぎ
【番組の感想】

ここ最近話題になっている逆流性食道炎が第1位でした。
私は食後に横なってしまいがちなので注意しようと再確認できました。
肥満ではないので、しっかりとした生活習慣を送れるよう気をつけます。

2013年11月12日「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。