[家庭の医学] 痩せるホルモンで病の元凶・肥満を解消SP

2013年7月30日 カテゴリ: ダイエット

食事制限・運動等、痩せる努力必要なし!健康的に減量【痩せるホルモン】、GLP-1についてご紹介します。

GLP-1の働き

【脳への作用】

食事をすると分泌されるGLP-1は満腹中枢を刺激し、必要以上の食べ過ぎを抑えてくれます。

【胃への作用】

GLP-1が分泌されると、胃に入ってきた食べ物が通常よりゆっくりと腸に送り出されます。
すると、糖分が腸でゆるやかに吸収され、結果的に血糖値が急激に上がらずに済みます。

【すい臓への作用】

すい臓のパワーアップ効果があり、血糖を下げるインスリンが出やすくなります。

小腸を刺激するとGLP-1が出やすくなる

小腸はたいしたことない臓器に思われがちですが、臓器の中で最も長い臓器です。
栄養素あアミノ酸等を小腸で吸収するため、非常に大切な臓器と言えます。
中でも、これらを食べると小腸を刺激してGLP-1を分泌させやすくなります。

食物繊維

量は分かっていませんが、厚生労働省の1日の摂取目標量は18グラムとされています。
レタスなら個半、きゅうりなら18本も必要となります。ですので、現在の日本人はその目標に到達しておらず、平均で13グラム程度とされています。
この5グラムを補うことができれば、GLP-1を効率良く分泌させる事ができるのです。
アボカドやひじき、かぼちゃを食べると多くの食物繊維を食べることができます。

鯖の水煮(缶詰)

山形県村山市では毎日のように食べられている食材です。
鯖の身に多く含まれている「EPA」という栄養素が重要です。
特に、鯖のような青身魚の脂がのった魚というのはEPAやDHAが沢山含まれています。
魚に含まれているEPAやがGLP-1を出す細胞に働いて、GLP-1をより出しやすくしている可能性があるとのことです。

主な魚介類のEPA量(100グラムあたり)

鯖 1645mg いくら 1613mg マグロ(トロ) 1450mg イワシ 1171mg ハマチ 984mg ブリ 940mg サンマ 885mg ニシン 874mg うなぎ 587mg たらこ 506mg
【番組の感想】

すぐに鯖の缶詰がなくなってしまいそうな回でした。
私も太り気味なので、スーパーで鯖の水煮を買って食べ続けてみようと思います。

2013年7月30日放送 「みんなの家庭の医学」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。