[世界一受けたい授業] 超ゆっくり走るだけでやせる!?スロージョギングの秘密

2013年5月25日 カテゴリ: ダイエット

歩くよりもゆっくり走るスロージョギング。
スロージョギングによるダイエット効果を実際に日テレアナウンサーの菅谷さんが食事制限を一切せずに3週間、徒歩で移動していた場所をスロージョギングに置き換えたら、どうなるのか。
実際に試した結果も発表されました。

スロージョギングのやり方

1.背筋を伸ばす
2.肘を軽く曲げ足踏みをする
3.足の指の付け根が地面に着くように足踏みをする
4.歩幅を足の大きさの約半分になるように心がけ踏み出す

※膝を痛めている人や、腰痛のある人は、膝から着地すると足腰を更に痛める恐れがありますので、指の付け根で着地しましょう。
準備体操は不要です。スロージョギングが準備体操のようなもので、全身運動。
人と会話が出来るレベルの速度でないと早すぎです。そのペースでラクラク走れるようであれば、少しずつスピードを上げていきます。
疲れたら歩くことで、無理をさせないようにしましょう。


スロージョギングの効果

体重を減らし、体脂肪の燃焼させる効果があります。
また、膝を悪くした62歳の女性がスロージョギングを初めて6ヶ月で、杖が不要になり、体重が8キロ減ったそうです。更に、ホノルルマラソンを完走するまでに回復した結果があります。
更に、脳機能を高めることができます。前頭葉の機能・認知機能にも効果があるとされています。

菅谷アナウンサーの結果

食後のスイーツ(1日2回)が楽しみだという菅谷アナウンサー。そんな菅谷アナウンサーは体重82キロ、腹囲91センチ、内臓脂肪が104立方センチメートルとメタボ気味。
3週間、楽しみのスイーツを抜く食事制限などは一切せず、普段歩いていた場所をスロージョギングに変えると、どれだけの効果があるのか番組で検証しました。
すると、体重は78キロ、腹囲は82センチ、内臓脂肪は84立方センチメートルという驚きの結果になりました。

スロージョギングをやる時間は?

1日15分程度を目安に行います。これは続けて15分というわけではありません。1日の総合時間が15分であればいいのです。
朝起きてテレビを見ながら5分間。昼休みに5分間。帰宅してから音楽を聞きながら5分間。これで達成できます。スロージョギングは細切れで問題ありませんので、しっかりと続けることが大切です。

スロージョギングによる減量の目安は?

3ヶ月で10キロほど減らせます。目安ですので、気にする必要はありませんが、3週間で4キロ減量した菅谷アナウンサーはちょうどいいペースと言えます。

リバウンドの心配は?

スロージョギングをしている間は、食欲に任せて食べても問題ありません。運動をしていれば食欲に任せて食べても大丈夫です。
そして、運動をしていない時は、運動をした時よりも食事量を減らしましょう。これでリバウンドしづらくなります。

スロージョギングの推奨時間は?

1分間です。汗をかかないレベルなので、汗による汚れを気にしている人も安心できます。
汗をかくことで体重が減ったり、体脂肪が燃焼するというのは完全な間違い。汗を書けば水分が減りますので、その分の体重が減ったのです。
細切れでも問題ないスロージョギングですので、ちょっとの空き時間にやることで、更なる効果が期待できそうです。

【番組の感想】

スロージョギングは、以前から少しずつ試していたこともあり、家の中でも時間があると疲れない程度に行なっていました。特に詳しく紹介されなかったこともあり、効果があるかどうか分からずいつの間にかやめてしまっていました。
しかし、今日の放送を見てしっかりと続ければ体重が減らせるということが分かりました。
決して無理をすることなく、スロージョギングを進めていけば効果があるのであれば気分も楽です。また再びスロージョギングを再開しようと思いました。

2013年5月25日放送 「世界一受けたい授業」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。