[特番] 石坂浩二&タカトシの"こんな人"は危ない! 最新医療で解決SP うつ病編

2013年7月 3日 カテゴリ: うつ病

こういう行動をとる人はこんな危険がある、というリスクをドラマ仕立てに構成している番組です。
普段何気ない行動が様々な病気のリスクとなっている可能性があります。

この記事は、うつ病に関してです。
ただし、内容が薄いので期待しないで下さい。

全部で7つの項目、これらに当てはまる人はうつ病の危険性があるそうです。

・起床後にすぐ携帯を確認する
・すぐにメールを返信する
・同じ曲ばかり聴く
・人間関係に気を遣う
・連ドラは一気に見る
・甘いものをよく食べる
・リビングで寝る

1つずつ順番に解説していきます。

起床後すぐに携帯をチェックする

うつ病になりやすい人の特徴として、完璧主義で何でも把握したい人が多いそうです。

すぐにメールを返信する

うつ病になりやすい人の特徴として、完璧主義であると同時に、真面目で几帳面であることが多いそうです。 すぐにメールを返信をしないと気が済まないそうです。

同じ曲ばかり聴く

曲の内容は関係なく、同じ事にこだわり続けていることが問題です。
同じ曲を聴くというのは、粘着気質で融通がきかないとも言えるそうです。
「好きな曲だから」というのは良い言い方。悪い言い方をすれば「執着している」となります。

人間関係に気を遣う

人に対する気の遣いようは常識を超えた気の遣い方をする事があるそうです。
例えば、うつ病の方の旅の予定は、5分おきにスケジュールを立てるそうです。
到着したことを連絡することもあるのだとか。それが守れないと心配になってしまうんだとか。

連ドラは一気に見る

すぐにメールを返信する場合と同じで、完璧主義であるため、最初から最終回まで一気に見ないと気が済まなくなり、不安になってしまうそうです。
本来どうでも良い事をキッチリとできないと辛くなってしまいます。

甘いものをよく食べる

テキサス大学の研究で、甘いモノを食べ過ぎるとうつ病になりやすいという結果が出たそうです。
甘いモノを食べると血糖値が上昇します。それがまたしばらくすると下がります。
このサイクルが気分に影響しているそうです。、
テキサス州ベイラー医学カレッジの調査では、砂糖多量摂取によって、ストレスホルモンが分泌されることが分かりました。

リビングで寝る

明るい場所で寝るとメラトニンが出なくなり、熟睡できません。
これがストレスに繋がるんだとか。

うつ病に良い飲み物

コーヒーはうつ病に良いそうです。 ハーバード大学の研究によると、コーヒーを1日に4杯飲む人と飲まない人を比較したところ、1日4杯以上飲む人のほうがうつ病になるリスクが20パーセント低下したそうです。 これは、コーヒーに含まれるカフェインがセロトニンを増加させ、ストレスを解消させているのではないかと、言われています。 コーヒーの香りがアルファ波に影響するそうなので、リラックス効果があるとされていますので、コーヒーを飲めない人はにおいだけでも良いそうです。

ヴァーチャルな世界の幸せは良くない?

連続ドラマを一気に見ることが幸せと感じている人は、別に関係ないのでは?と質問したIKKOさんに対して、ヴァーチャルな世界の幸せは良くないとの返答が。 しかし何故なのか全く説明されませんでした。スタジオでは解説されたのかもしれませんが、放送されておらず、ヴァーチャルな世界の幸せが良くないという事に根拠はありません
【番組の感想】

VTRで紹介された項目と、その後解説される行動の順番が違っていて混乱しました。
そして、ガンに比べると内用が薄すぎます。ヴァーチャルな世界の幸せを否定する理由が放送されないなど、とんでもない構成でした。
この程度ならもっと短い時間で良かったのでは。

2013年7月3日放送 「石坂浩二&タカトシの"こんな人"は危ない 最新医療で解決SP」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。