肥満だと肝臓がん発症リスクが高まる恐れ

2013年6月27日 カテゴリ: ガン

原英二がん研究所部長らは、26日付のネイチャー電子版で、肥満によって腸内の細菌が変化しすることで、肝臓がんを引き起こすことがマウスの実験でわかったと発表しました。
マウスだけではなく人間でも同様の仕組みが働いている可能性があるとして、細菌を抑えるなどの発症予防の対策につながるのではないか、ということです。

肥満したマウスの腸では、通常のマウスには見られない細菌が増えており、この細菌が創りだした特殊な酸が肝臓に移行し、一部の細胞に損傷を与えることで幹細胞の異常増殖を引き起こす分泌が起こるため、肝臓がんが発症しているそうです。

人間では、肥満によって腸内細菌が変化することが分かっており、肝臓がん患者の中でも肥満の患者から腸内細菌を採取したところ、肝臓がん患者のうち、一部に同様の細胞が損傷していることもつきとめているそうです。

肥満になることで動脈硬化から、命に関わるような状況になることは一般的でしたが、今後は「肥満になるとがんになる」というのが常識化していきそうですね。
やはり適切な体重を維持し、痩せすぎない、太り過ぎない、調度良い体型で生活することが健康を維持する上で非常に大切であることが分かります。
病気などで肥満体型になってしまう場合もありますが、こういった研究が進むことで、がんリスクを低下、予防できるようになる世の中になると良いですね。

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。