[世界一受けたい授業] 世界一受けたい健康SP シワ、キメ、シミ最新肌チェック

2013年6月 8日 カテゴリ: 若返り

今回の放送は2時間スペシャルということで、1本の放送を複数に分けてご紹介したいと思います。
今回はシワやキメ、シミなどを美しくする最新肌チェックのご紹介です。

一口に美しい肌と言っても、大事なのは大きく分けて3つあります。
シワ、キメ、シミ、この3つがあるかないかで、5年後10年後に大きく変わってきます。
肌のケアは手遅れではありません。
人間の細胞は120年生きられようにプログラムされています。ですので、60歳で行なっても細胞からすれば、やっと後半戦に突入したというところなのです。

シワのできる原因

顔の筋力やコラーゲン等の不足が原因で、真皮が皮膚を支えられなくなって肌がたるみます。
これが原因でシワができてしまうのです。
食事の際コラーゲンが体の中で作られる時にアミノ酸とビタミンの両方がバランス良く摂取することで、シワを抑えることができます。

コラーゲンの摂取方法

うなぎや、鮭、ちりめんじゃこなどのコラーゲンを豊富に含んだ食べ物を食べることでコラーゲンを摂取することができます。
鮭の皮には多くのコラーゲンが含まれていますので、皮まで食べると効率よくコラーゲンを摂取することができます。
ミス・ユニバースの最終候補者が参加するビューティーキャンプでは、1日の食事に2回の鮭が出されることから、鮭はお肌に良いと言えます。

シワを改善する方法

シワを改善させるには、顔の筋肉である表情筋を鍛えてシワのできにくい肌の土台をしっかりと作ることが大切です。
そこで、今回はシワを改善させるトレーニングをご紹介します。

下記を10秒間行います。朝晩やるだけでも効果があります。
1.眉毛を上げる
2.目を半開きにして
3.口を突き出す

キメを改善する方法

乾燥を防ぐことが大切でうs.保湿クリームや化粧水などが一番効果的です。
キメの大敵である肌の乾燥は洗顔1秒後から始まってしまいます。
ですので、湿度の高いお風呂の中で保湿クリームなどを塗りお肌を潤しましょう。

帽子のつばの長さが紫外線を遮る割合

帽子なしを0パーセントとした場合、3センチあると35パーセント、
5センチあると50パーセント、7センチあると60パーセントの紫外線を遮ることができます。
更に麦わら帽子などの丸いつばの帽子を使用すると更に+5パーセント紫外線を遮ることができます。
これによって、シミを予防することができます。

2013年6月8日放送 「世界一受けたい授業」より

名前:カペラ
どうも、カペラです。健康にまつわるテレビ番組、雑誌、ニュースなどを見かけたらまとめています。人に健康に関して教えるのも好きですし、自らまとめることで自分の知識を高めようという思いもあります。
興味がありましたら覗いてみて下さい。